Category: 日本語


This is a very good video covering the radioprotective qualities of Vitamin C as well as some of the social and political issues, including the resistance by the Japanese government to care for their citizens.

watch?v=Rbm_MH3nSdM&feature=relmfu

watch?v=j4cyzts3lMo&feature=relmfu

watch?v=ZYiRo2Oucfo&feature=relmfu

watch?v=51Ie8FuuYJw&feature=relmfu

Creative use of musical instruments to give voice to the silent, odorless, tasteless danger of radioactive decay…

Fuyuki Yamakawa
‘ATOMIC GUITAR MarkI / Stratocaster-type’ 2011
‘ATOMIC GUITAR MarkII / Stratocaster-type(Left Handed)’ 2011

ATOMIC GUITAR MarkI & MarkII, invented by Fuyuki Yamakawa, are automatic guitar playing system operated by radioactivity. This video shows ATOMIC GUITARS` performance played by radiation-contaminated soil which was sampled in Tokyo National University of the Arts Toride Campus on 5th July 2011. Tokyo National University of the Arts Toride Campus is located 118.2miles from the melted down reactor of Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant.
(Video recorded at the exhibition ‘ATOMIC SITE’, 2011, Tokyo,http://atomiksite.wordpress.com/ )

山川冬樹
『原子ギター 初号機/ストラトキャスタータイプ』2011年
『原子ギター 弐号機/ストラトキャスタータイプ(左利き用)』2011年

このギターは放射性物質を検出すると弦が震動して美しい音色を奏でるしくみになっています。映像でみられる展示(アトミックサイト展/2011年/東京http://atomiksite.wordpress.com/)では、セシウム134や137といった放射性物質たちが織りなす素晴らしき演奏をたっぷりと堪能いただくため、私の勤務先でもある、東京芸術大学取手キャンパスの排水溝で採取した汚染泥土を放射線源として選びました。

Been a long time since I’ve updated this blog… been busy with way too many things.  Anyway, this is the latest info on bioremediation with sunflowers out of Fukushima.  From the ex-skf blog:

TUESDAY, FEBRUARY 14, 2012

91,600 Bq/Kg of Radioactive Cesium from Sunflowers in Iitate-mura, Fukushima

So the sunflowers DID concentrate radioactive cesium in soil. It was not where the Japanese government wanted you to find.

According to one Iitate-mura villager, Mr. Itoh, who had his sunflowers tested, the radioactive cesium was IN THE ROOTS. He suspects that the government knew, and cherry-picked the data that seemingly supported the foregone conclusion that sunflowers do not work in decontaminating the soil.

Why? Because the government wants and needs to distribute big money to big businesses that closely work with the government in the “decontamination” bubble that they’ve created.

From his tweets on February 7, 2012:

ヒマワリの根 セシウム134 39,500bq/kg セシウム137  52,100bq/kg セシウム計  91,600bq/kg。ヒマワリの根の灰については、焼却温度が低く、体積が1/4程度にしか減らなかった、2,200gの根を燃やし460gの灰が出た。

Sunflower roots: Cesium-134, 39,500 Bq/kg; cesium-137, 52,100 Bq/kg; total 91,600 Bq/kg. Since the roots were burned at low a temperature, the roots were reduced to only one-quarter in mass. 2,200 grams of the roots were burned, resulting in 460 grams of ashes.

焼却温度が高ければ1/100、とすると200万bq?。農水省は税金を投入し大臣自ら植えたヒマワリの実験畑の除染効果は無いと断言したが、ある思いを持っての実験、効果なしの結論を前提にしたものだったから。農水省の放射性廃棄物の検査は何故か“根”を外しているから。

More at the link:

91,600 Bq/Kg of Radioactive Cesium from Sunflowers in Iitate-mura, Fukushima | EX-SKF.

Welocome to Anti Nuclear Plant Action – Tokai

東海第2原発を廃炉に! 署名スタートしました (ネット・実筆記)

【署名スタートしました】署名TVサイトへリンクします

【署名スタートしました】 携帯の方はこちらへ 署名TVサイトへリンクします

東海第2原発を廃炉に!ネット署名、および通常実筆記署名とも7月10日にスタートします。

どうぞよろしくお願いいたします。

【署名呼び掛け文】

今回の福島第一原発の大惨事は地震による「原発の安全神話」の崩壊でした。

東海第2原発も冷却機能の一部が破綻し、あわや福島第一原発と同じ運命をたどる一歩手前の状況でした。

原発は一たび事故が発生すると制御できないものである事が明確になりました。

安全に絶対はありません。

福島第一原発の事故は収束の見通しも立たず、事故の解析も出来ていません。また地震・津波に対する原発への根本的な安全対策も立てられておりません。過酷事故に対する国、電力会社の対策はこの地震国の日本にあっては無策と言わざるをえません。この状況での東海第2原発の再稼働は絶対に認められません。

使用済核燃料の処理方法も未解決のままで、次の世代に処理できぬ放射性物質を残したままでは無責任ではないでしょうか。

私たちは、地方を不幸にしてまでの経済発展は理性的にコントロールしなければならないと思います。これ以上、原発事故により放射性物質に汚染された大地を増やすわけにはいきません。

大事故が起これば茨城県だけにとどまらず、広く関東にも甚大な被害をもたらす東海第2原発の廃炉を求めます。

■主催:東海第2原発の再稼働中止と廃炉を求める署名実行委員会

■呼びかけ団体:脱原発とうかい塾・反原子力茨城共同行動・茨城平和擁護県民会議

■賛同団体・個人:I(アイ)女性会議・茨城/生存のための科学・茨城/たんぽぽ会/東海村釣り研究会/憲法を生かす会・茨城/原子力行政を問い直す宗教者の会

※賛同団体(個人)を随時募集中 です。「お問い合わせ」よりご連絡ください。

【活動の概要】

署名はネット署名と、記入式署名を並行して募集します。

どちらも、7月10日にスタートしています。

ネット署名はこちらへ ↓

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20110903-OYT1T00616.htm

チチタケから規制値大幅超セシウム…福島・棚倉

福島県は3日、同県棚倉町の山林で採取した野生のチチタケから、国の暫定規制値(1キロ・グラム当たり500ベクレル)を大幅に上回る2万8000ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。

チチタケはシーズン初めのため、市場に流通しているものはないが、県は同日、同町や販売業者に、チチタケを含む野生キノコ(菌根菌類)の摂取と出荷を自粛するよう通知した。

県によると、このチチタケは1日に採取された。県は今後、付近の野生キノコの放射性物質検査を行うとともに、摂取自粛を呼びかける看板の設置などを行う。

同県では、これまで野生のキノコで暫定規制値を超えたのは、同県古殿町のチチタケの3200ベクレルが最高値で、県は「ここだけ突然高い値が出たので困惑している。調査を続けて原因を調べたい」としている。

(2011年9月3日20時51分  読売新聞)

放射性セシウム:土壌からほぼ全量回収可能…新技術を開発 – 毎日jp(毎日新聞).

放射性セシウム:土壌からほぼ全量回収可能…新技術を開発

 産業技術総合研究所(茨城県つくば市)は31日、土壌から放射性セシウムのほぼ全量を回収できる技術を開発したと発表した。汚染土壌に低濃度の酸の水溶液を混ぜてセシウムを抽出し、微粒子状の顔料に吸着させる。東京電力福島第1原発事故では、外部に放出された大量の放射性物質による土壌汚染が問題となっているが、この処理技術を活用することで放射性廃棄物を150分の1に減量できるという。

 研究グループは、福島県飯舘村の畑の地中から採取された汚染されていない土壌から放射性ではないセシウムを除去できれば、同様の方法で放射性セシウムも回収できるとして実験に着手。汚染されていない土と低濃度の硝酸水溶液を混ぜ、圧力容器内で200度で45分間加熱したところ、セシウムの100%抽出に成功した。温度が半分の100度でも約60%を抽出できたという。水溶液は繰り返して使える。

 さらに第2段階で、水溶液からセシウムイオンだけを取り込む青色の人工顔料プルシアンブルーを吸着剤に活用。粒径10ナノメートル(1ナノは10億分の1)の微粒子状に加工して円筒形の装置に詰め、この水溶液を2回循環させたところ、100%吸着できた。

 産総研の川本徹・グリーンテクノロジー研究グループ長は「土壌を傷めなくてすみ、抽出したセシウムを顔料で吸着できる。コストも安い。企業の協力を得て実証実験を目指したい」と話している。【安味伸一】

毎日新聞 2011年8月31日 22時27分

http://blogs.yahoo.co.jp/kusabibibi/5566209.html

 

★本題にいきます↓★

●ペットボトル樹脂(ポリエチレンテレフタレート)を改良して放射線を可視化できるように感度を上げたプラスチック樹脂の「シンチレックス」が商品化されそう。

京都大学の中村秀仁助教授の研究成果だが、京都大学より発表された時(6/29)に、一斉に報道されたものの、商品化は先のことと思っていたら、7/4には帝人化成が量産化を目指し、現在「シンチレックス」という商標名を申請中と発表。

9月に、この素材を使った第一世代検出器を製品化するとしていた。

《京都大学》

「産学官連携により、革新的な放射線蛍光プラスチック(商標名「シンチレックス」申請中)の開発に成功~安価で高性能な放射線検出器の製造に大きく前進~」

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110629_1.htm

via 放射能を見れる! シンチレックス商品化をもっと騒いで欲しい – ★気まぐれだけど★ 鳩ヶ谷市の放射線測定 ★たまに他所も★ – Yahoo!ブログ.

Decades ago, Japan’s preeminent animator, Hayao Miyazaki, showed us a glimpse into a planet that humans had made nearly uninhabitable through shortsighted use of nuclear power… in retrospect it seems quite prophetic.  Enjoy this beautiful film!

日本語:http://www.tudou.com/programs/view/9Xr3x18jae8/

American English:

Today, Miyazaki Sensei continues his criticism of nuclear power:

国・自治体による高さ1m・0.5m計測を中心とした放射線量マップ Radiation dose measured by MEXT and local governments at 1 or 0.5 meter height..

There has been an awakening stirring in the Japanese musical scene since the Fukushima disaster.  Below are music videos of nuclear protest , some old, some new.

Here is an article with some background on the songs and the history of repression of such expression by the record labels:  Japan’s New Wave of Protest Songs – NYTimes.com.

The first one from Rankin Taxi & Dub Ainu Band. I dig it:

Kazuyoshi Saito rewrote his billboard topping love song “I Always Loved You” with new lyrics reflecting the nuclear disaster, retitled “It Was Always A Lie”.  Here with English subs:

Here is the original love song, followed by the new version:

Kiyoshiro Imawano has been a favorite of mine since I discovered his music a few years ago.  He was an amazing human being who shared profound love with the world.  The following two songs are from the ’80’s.  They seem almost prophetic in retrospect.

Here is a brief video of a protest in Tokyo with some great drumming and spirit!  I know at least one of these drummers:

The main refrain of the chanting, “Genpatsu Yamero!” means “Stop the Reactors!”

Hope you enjoy the music!

%d bloggers like this: